プレーヤーの読み込み....

ロボットによる常駐日本人ホテル内

既にロボット支援の未来を垣間見ることを得ることができる地球上の 1 つの場所がある場合, 日本です。. ロボット研究の最前線で日常的に, 国は私たちにいくつかの奇妙なオートマトンをもたらしています, 最もリアルなアンドロイド, かわいいヘルパー ロボット.

どこにも、これよりも明らか長崎のヘン ナ ホテル, 今年オープンしたロボットによる経営にかかるホテル. フロントに入るし、機械化された恐竜のチェックイン ・ご案内; あなたの部屋に行くし、荷物のボットがあなたの横にに沿ってあなたのスーツケースの車輪; ベッドの準備ができて取得し、独自のロボット仲間は、明かりを消して、.

ヘン ナ ホテル代表取締役社長澤田秀雄販売、ユートピアの一部として彼の提供するビジョン ロボットは、肉体労働を引き継ぐ、人間はより創造的な追求に彼らの注意を回すことができるので. 人件費を減らすかもしれないスタッフをロボットに置き換える, 訪問者に彼らの魅力は、目新しさの価値を超えて最後する必要がありますが、.

マザーボード ホスト ベン ・ ファーガソンは、私たちの新しい旅シリーズ ボイジャーの最初のエピソードのロボットのホテルにチェックします。, 旅行ツール カヤックによって可能に作られる (HTTP://www.kayak.co.uk/). 彼を満たしているロボット労働者は、丁寧なコミュニケーション, 相手の肉と血の人間の暖かさをエミュレートすることができますが、? ロボットが私たちの将来の休暇の仲間, またはを行う人と機械最終的に翻訳で迷子?

返信を残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません. 必須フィールドは、マークされています *