プレーヤーの読み込み....

1929年の日本のアニメ

宇治拾遺物語の民話を翻案したものです.
物語は行く, 顔にやや不自然なウェンを持った男が薪を集めるために山に入る. 彼は眠りに落ちる木のくぼみの中で嵐から身を隠します. 彼は音楽の音に目覚める, 彼は人を見つけることを望んで調査しますが、代わりに悪魔に遭遇します. [鬼として描かれることもある, こちらは天狗です (yamabushi and karasu tengu] 彼は悪魔の驚きに多くのダンスに参加します.
頭の鬼は彼の踊りに面白がって、彼の丁寧な気質に満足し、彼が再び戻ることを要求しました. 保険の一形態として、彼らは彼の復帰を確実にするために彼の貴重な何かを必要としています. 彼の顔のウェンは日本語でフクラミと呼ばれています, 運を意味する福 (それは一種の駄洒落です) ありそうな選択のようです. 男は彼らの会話に追いつくのに十分賢く、それを手放すことに消極的です.
今、悪魔はそれを要求し、すぐにそれは取り除かれます. 男性の隣人も彼が行きたいと思っているウェンを持っています, 他の男の場所で彼は山に行き、悪魔のために踊ります. 彼は適切な敬意を示さず、一般的に貧しいダンサーなので、悪魔は彼にウェンを返します.

返信を残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません.