プレーヤーの読み込み....
注意: 不適切なコンテンツとビデオ

男がエレベーターで発火

2020年11月27日金曜日、ロシアのオレンブルクで, 男は無謀にライターで可燃性の液体に火をつけた (エタノールを含む凍結防止風防). その後、彼は数秒間炎と戦った後、酸素不足のために意識を失いました。. 幸いにもドアが開いた, そして意識を取り戻した男, 彼は足を火につけてエレベーターから降りることができた. 1階で火傷を負った後、病院に運ばれた, 彼の体の30%で2度と3度.

返信を残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません.

5件のコメント

  1. ガビ 言います:

    人々! ひどいな! 彼がなんとか生き残ってよかった! 彼がいくらやったとしても*彼はそのような状況で悪を望んだり楽しんだりすることは決してないだろう!

  2. マックススマート 言います:

    可燃性液体はウォッカで、男は酔っ払って悪臭を放っていました

  3. 大爆笑です。 言います:

    そのエレベーターの次の人になることを想像してください – “たぶん私は階段を上がるだけです”

    25
    1
  4. バリーG 言います:

    これをインターネットで見た, 男が生き残ってよかった, 幸運だが非常にばかハーディ

    25
    5
    • トーマス・ロラ 言います:

      それは、誰もが純粋なバッファローのために一人で行うことができ、そのような不運に終わるようなものです。. 判断しすぎない, さらに酔った人.