プレーヤーの読み込み....

研究者は空気中の粒子の広がりをモデル化しています

フィンランドのアールト大学, フィンランド気象研究所, フィンランドのVTTテクニカルリサーチセンターとヘルシンキ大学は、誰かが咳をすると非常に小さな空中浮遊粒子が気道から放出されることを研究しました。, くしゃみをしたり、話しているときでも. そのような粒子はコロナのような病原体を運ぶことができます. この3次元モデルは、棚スペースでの咳粒子の放出を示しています。, スーパーマーケットや図書館のように.

返信を残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません. 必須フィールドは、マークされています *