プレーヤーの読み込み....

イタリアの司祭は歌います “こんにちは美しいです”

革命歌を歌っイタリアの司祭アンドレア・ギャロ “こんにちは美しいです” ジェノヴァ、イタリアのサン・ベネデット教会. 宛先 “こんにちは美しいです” (美しいさようなら) それは第二次世界大戦のイタリアのパルチザンの歌です. 曲の音楽がmondinasの苦しみ女性のために書かれた古い民謡に触発されました, 19世紀後半における米のプランテーションのイタリアの女性労働者. この曲は解釈され、多くの言語で様々なアーティストから適応されました. 彼は一連のよく知られるようになりました “紙の家”.

返信を残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません. 必須フィールドは、マークされています *